h2_zaikyu

2020.9.10
コロナ対策での「地域決定権」を国に要請/関経連・関西広域連合 “広域ブロック”への権限と財源の移譲も求める
2020.9.3
「現場力」強化で活路見いだす井筒屋/北九州 主要な売り場に女性を“部長登用”
2020.8.27
県の後手後手の対応に「不信感」が募る一方の観光業界/沖縄 第2波への“準備不足”が県民に大きな代償負わせる結果に
2020.8.27
九州の販売戸数はリーマンショック時を下回る/不動産(マンション) 要因は販売センター休業だが、“ブランド力”で格差
2020.8.6
「新型コロナ急拡大」で全県下の飲食店すべてに休業要請/宮崎 突然の要請に地元は困惑
2020.7.28
全国初開催の予定だった「国スポ」の行方は…/佐賀 今秋の鹿児島国体開催断念で“不透明”に
2020.7.28
セブン出店から1年。コンビニ業界は「静かな顧客争奪戦」/沖縄 コロナ禍で一部の開業を“延期”今後の新規出店にも影響
2020.7.6
福岡市の「老舗住宅情報紙」が実質的な廃刊に/メディア 新型コロナ禍の影響で“47年の歴史”に幕
2020.7.1
テナントの「運営改善要求」をかわし続けるパルコシティ/沖縄 開業前の説明とは大きく異なる“惨状”に不満は募る一方
2020.6.30
県自慢の「観光救済策」は業を煮やした民間のアイデア/沖縄 “腰重い”県の対応に観光関係者から不満の声が続出
2020.6.29
コロナ禍でIR事業者の「誘致活動」が混沌/長崎 申請に向けて“今年中に”IR事業者を選定予定だが…
2020.6.29
観光産業の落ち込みに「知事の資質」問う声が拡大/沖縄 起死回生策のキャンペーンは“空砲” 那覇市は独自の事業を実施
2020.4.27
「本館保存」に傾く大牟田市庁舎整備/筑後 “公民連携”などコスト抑える手法を模索
2020.4.23
コロナ禍拡大の影響で世界遺産登録が「2度目」の登録延期/沖縄 今後の予定は全くの未定。関係者は“長期戦”も覚悟
2020.4.20
県内最大規模の「ゆめタウン」が諫早に進出!?/長崎 大村、島原半島なども含めた“商圏50万人”の想定も
2020.4.6
不透明な「嬉野医療センター跡地」の活用/佐賀 解体が決定せず、土地の“等価交換”進まず
2020.4.2
北九州空港の「滑走路3000メートル化」へ前進/北九州 “貨物特化型コンセッション”も念頭に
2020.4.2
新型コロナの影響で「貨物ハブ」事業が「苦境」に/沖縄 パイロット確保できずANA国際貨物便が4月から“全便運休”
2020.3.18
コロナ影響大のシティーホテルが「ユニークプラン」/福岡 「テレワークサポート」や「長時間ステイ」など、あの手この手
2020.3.17
33年ぶり発生の「豚コレラ」収束に向けワクチン接種へ/沖縄 国と県の“温度差”影響し決断から2カ月でようやく実施
2020.3.17
文化芸術ホールは「市庁舎跡地」に建設へ/長崎市 遺跡調査で先が見通せず“県庁跡地”での整備は断念
2020.3.10
EC市場の広がりで、福岡県内の「物流施設」建設が急伸/物流 主流は汎用性の高い“マルチテナント型”
2020.2.27
感染症対応で「テレワーク」の導入が各社で広がる/業務形態 働き方改革に加え、“新型コロナウイルス”が引き金に
2020.2.26
JAおきなわ再編「第2幕」も前途多難の始動/沖縄 “猛反対”で対立姿勢示す閉鎖対象のJAと地元町村議会
2020.2.18
「福岡県立美術館」跡地めぐり県と福岡市がまた対立/自治体 “食い違う”主張がまた露呈
2020.2.6
「国体道路」近くに新たなブライダル施設/福岡市 「ザヴィラズ福岡」撤退も再び競争激化へ
2020.2.5
三菱長船へ「イタリアの船会社」が修繕工事を打診/長崎 大型フェリーの建造にも注力
2020.2.4
ボンベルタ橘とエアラインホテルを「ドン・キホーテ」が買収/宮崎 今秋、駅前に開業する「アミュ宮崎」との相乗効果へ期待の声も
2020.1.31
九州・沖縄の各方面で「新型コロナウイルス」の影響大きく/流通 特に懸念される“流通”や“観光”へのマイナス
2020.1.28
ANAが今春「国際貨物事業」をさらに縮小へ/沖縄 代替手段の定着による那覇空港の“役割低下”に不安強まる
2020.1.21
天神の集客力ある商業施設の相次ぐ閉鎖に危機感/福岡市 懸念される“若手層”来街者の減少
2020.1.20
筑邦銀行が「SBI」と資本提携/金融(銀行) “独立性”維持と連携強化を強調
2020.1.20
五島市沖が「浮体式」洋上風力のモデル地区に/エネルギー 国内最大級の洋上風力ファームを進めている北九州市は「着床式」のみ
2020.1.17
宅配事業から見える「景気後退」の兆し/景気 大手事業者では“外注切り”の動きも
2020.1.14
福岡空港の発着枠拡大で「中国便急増」か/運輸 平行誘導路の二重化完了で1時間に“3便増”
2020.1.6
全国最年少で就任した市長に地元経済界から「不満」噴出/宮崎(日南市) “話題先行”かつ“独断専行”の運営方針に見直しを求める声も
2019.12.20
宮崎カーフェリーの新船建造費「ぎりぎり」で年内決着/宮崎 年内合意の要因は河野知事らの迅速な“膝詰め談判”
2019.12.19
三菱重工業が「MHPS」を完全子会社に/長崎 脱石炭火力のトレンドの中、“稼ぎ頭”の火力部門を強化
2019.12.18
長崎駅隣接地に「マリオット・ホテル」/JR九州 新幹線開業見据え“25年度開業”を目指す
2019.12.13
三菱重工業「香焼工場」の売却検討/長崎 “祖業”にもリストラのメス
2019.12.11
クルーズ船の予定寄港回数「過去最高」も手放しで喜べず/沖縄 宮古島でますます高まる“観光公害”への懸念
2019.12.11
久留米ガスが多角化で「賃貸マンション」/エネルギー(都市ガス) “ガス暖房”ユーザーの裾野拡大も目指す
2019.12.9
「猫を飼う人」に入居を限定したマンション/不動産(福岡) 背景に猫ブームと“捨て猫”の増加
2019.12.6
福岡市都心に「オール電化」マンション建設/九州電力 賃貸物件への拡大に期待
2019.12.5
諫早の老舗ホテルが「ホテルフラッグス諫早」に/長崎(ホテル) “メモリード”が取得し、今後は婚礼や宴会に注力
2019.12.5
「ホテルJALシティ」が福岡市に初進出/ホテル 同じグループのオークラ、日航の3ブランドがそろい踏み
2019.12.3
北海道の申請見送りで「長崎IR」にチャンスも/IR誘致 コンセプト募集(RFC)には“IR事業者4社”が参加申請
2019.11.27
JR九州、賃貸マンション事業に注力 “ストックビジネス”の環境整う
2019.11.27
水道料金値下げ決着で市長と市議会との間に新たな「しこり」/宮崎(延岡市) 読谷山市長の“懐柔”が奏功。ただし将来の新たな“ツケ”が課題に
2019.11.20
今秋から3年かけて「大規模改装」スタート/博多大丸 天神の百貨店で高級ブランド強化の動き活発化
2019.11.20
「完全レジレス決済」を早期導入へ/イオン九州 人員の有効活用に期待
2019.11.13
中間決算「1000億円超え」も手放しで喜べないサンエー/流通(沖縄) 店舗の過飽和対策として“コト消費”への対応店も
2019.11.1
アパグループが福岡市内に「2000室以上」を投入/ホテル 20年、21年に新築で8ホテルを開業予定
2019.10.31
来期から「プロバスケbリーグ」に長崎県から新チーム参入か/長崎 運営母体に“ジャパネット”が浮上
2019.10.24
金子氏の商工会議所会頭内定に波紋広がる/長崎(佐世保) 想定外の選出の背景に“選考方法”の変更が
2019.10.23
ゆいレールの新駅開業も「インフラ整備」間に合わず/沖縄 不便を強いられる市民からは“見切り発車”と不満の声
2019.10.10
読谷山市長の条例案を市議会否決。ほぼ「四面楚歌」状態に/宮崎(延岡市) “市民の代弁者”うたうが独断専行に距離置く市議が続出か
2019.10.10
JR九州が再雇用の年齢上限を「70歳」に延長へ/雇用 人手不足への対応と併せて“自動運転技術”も開発へ
2019.10.9
消費増税対応策で「あの手この手」/流通 消費者心理は“悪化”。景気失速の恐れも
2019.10.1
「福岡朝日ビル」を福岡地所が一部取得/不動産(福岡市) 博多駅周辺再開発に“本腰”?
2019.9.26
河野知事が懸案だった宮崎カーフェリーへの「公的支援」に言及/宮崎 支援額は未定も“県経済の生命線”を維持するために最終決断
2019.9.24
消費税率上げで「駆け込み減資」する小売業者/流通 “補助金目当て”の指摘も
2019.9.11
海運の環境規制強化で「軽油値上がり」?/運輸(トラック) 九州は“モーダルシフト利用”でブレーキの可能性も
2019.9.11
桜町再開発ビルの「バスターミナル」が開業/熊本(熊本市) 中心市街地活性化の起爆剤に
2019.9.5
好調持続するもジワリ広がる「韓国客減少」の影響/沖縄(観光) 観光客数は前年同月比プラスを更新中だが関係者に“強い危機感”
2019.9.4
九州は「供給、販売」ともに今年上期は好調/不動産(マンション) 消費増税前の“駆け込み”は前回よりも低く
2019.9.3
佐賀県が「フル規格整備」を徹底拒否する理由/九州新幹線(西九州ルート) 山口祥義知事は国への不信をさらに強め“4者協議”を拒否
2019.8.28
「鹿児島市交通局」のバス路線を一部民間に委譲/運輸(路線バス) コスト高が生み出す赤字を民間活力活用し“体系維持”へ
2019.8.26
苦戦続く那覇空港の「国際物流事業」に新たなテコ入れ/沖縄 “第3のリーディング産業”構築への大きな試練乗り越えられるか
2019.8.26
地方局で異例の「東京スタジオ」開設/メディア(FMラジオ) 映像やSNSとの連動で“音声メディア”の可能性模索
2019.8.20
来春の知事選へ蒲島知事の「4選出馬」はあるのか/熊本(知事選) 4選不出馬の“不文律”に終止符か
2019.8.9
FFGが地銀初の「ネット銀行」設立で若年層囲い込みへ/金融(銀行) 「探検隊」の位置づけで未分野を開拓
2019.8.6
「フル規格」整備方針決定も「佐賀駅経由」は削除/九州新幹線(西九州ルート) 与党検討委員会内での“意見調整”でルート案示さず?
2019.7.31
都市モノレールの3両化事業「23度中の運行開始」に暗雲/沖縄 事業計画に甘さ?日立製作所は「物理的に困難」との見解示す
2019.7.29
グループの稼ぎ頭を売却した「西日本新聞」/メディア(新聞) 九州戦略強化を図る博報堂との“思惑”が一致
2019.7.24
日韓関係悪化で「韓国人観光客の減少」長引く可能性/観光(インバウンド) “半導体輸出規制強化”で拍車かかる
2019.7.22
飫肥地区のまちづくり体制を変えて「リスタート」/宮崎(日南市) “ボタンのかけ違い”を修復できず4年間の取り組みがムダに
2019.7.18
かつての「電力改革の旗手」は不動産事業者に/企業(芝浦GHD) 大牟田市では再開発から撤退、みやま市ではホテル計画進まず
2019.7.16
ハワイアン航空ホノルル線就航の背景に「JAL vs ANA」の熾烈な競争/福岡(国際線) ANAの攻勢をJALが“コードシェア”で対抗か
2019.7.11
始まった大手コンビニ3社の仁義なき「陣取り合戦」/沖縄 数字の上では“出店の余地あり”。それでも募る消耗戦への懸念
2019.7.2
大分市中心部「末広1丁目再開発」がようやく始動/大分 23年度の完成目指し19年度中に“本組合”に
2019.6.26
九州最大のMEGAドンキオープンで「長崎屋再上陸」/流通 親会社はPPHI九州での“拡大戦略”を水面下で模索
2019.6.25
また先送りとなった新鳥栖─武雄温泉間の「西九州ルート」整備方式/九州新幹線 来年度の予算計上へ“ギリギリの攻防”続く
2019.6.24
抗議受け玉城知事が尖閣諸島めぐる発言を「撤回」/沖縄県 想定外の拡散食い止めるため?早期の“火消し”を図る
2019.6.19
V・ファーレン長崎の「新練習拠点」を大村市で再検討へ/長崎 4月に新工業団地への整備を断念もトップセールスが実る
2019.6.17
佐賀空港からの「深夜便」には羽田発着枠の事情が…/佐賀 “午前1時羽田着”の最終便は厳しい!?
2019.6.13
2022年度のゆいレール「3両化」に向けて大きく前進/沖縄 “急転直下”で決定の背景に応分の負担に応じる国の決断
2019.6.12
「明暗分かれる」福岡市のマンション販売/不動産(マンション) 立地とブランド力で販売に“差”
2019.6.7
長崎のIRを「九州のIR」として九州地域戦略会議で決議されたが…/長崎 知事会の“配慮”から見えた一枚岩ではない支持には懸念も
2019.6.3
玉城知事の「中国公船を刺激するな」発言に地元は激怒/沖縄 八重山日報は“本末転倒”と強く非難。タイムスと新報は“スルー”
2019.5.30
沖縄都市モノレール社長「異例」の3期目続投/沖縄 事業の“大きなヤマ”を解決できるか手腕に注目
2019.5.29
空港島への「IR誘致」で北九州空港の軌道系アクセスを整備?/北九州 空港の利用者が過去最高を更新し“調査再開”が現実味帯びる
2019.5.28
セブン沖縄の1号店開店まで50日余り。募る「過飽和」への懸念/沖縄 迎え撃つファミマとローソンは“独自戦略”で差別化図る
2019.5.28
コストコが九州で「3店舗目」を出店へ/熊本(御船町) 地元ガソリンスタンドは“戦々恐々”
2019.5.20
澤田氏の社長退任は売却への「出口戦略」か/企業(ハウステンボス) HTBの上場に向けた経営刷新とはいうものの…
2019.5.14
米ファンドの「全提案」を拒否へ/企業(JR九州) 短期的な株主還元志向は“不適切”
2019.5.10
高速鉄道網軸に「北部3県」の経済発展狙う/長崎経済同友会 佐賀県の“新幹線フル規格化反対”が高いハードルに
2019.4.24
長崎・佐世保両市は現職が“4期目”再選/首長選(長崎) 長崎市長選では一時は「橋本氏優位」との声も
2019.4.23
「県域オールJA構想」の実現に早くも黄信号点滅か/福岡 JA福岡市の判断は“勇み足”?
2019.4.17
Vファーレン長崎の「新練習拠点」構想が白紙に/長崎 ジャパネットの積極的な投資に県内自治体は“受け身”?

ページのトップへ